塾長ブログ@ヒーローズ松本沢村校

個別指導学院ヒーローズ松本沢村校の塾長ブログです

長野県の定位置

毎年、文科省の調査で気になる数字があります。

それは、長野県高校生の「大学現役合格率」です。

 

高くて気になるのではなく、低くて気になるのですが・・・。

 

実は、この長野県の大学合格率は、平成元年から令和元年までの間で、最高順位が47都道府県中37位。

さらに、30番台になったのはこの間たった8回。あとはすべて40番台なんです。

 

そう、長野県の高校生は現役合格が難しく、全国の中でも40番台が「定位置」になっています。

 

18日、19日とセンター試験がありました。最後のセンターです。

今日、ほとんどの塾生が結果を教えてくれましたが、なかなかのできで一安心しています。ただ、あくまで第一関門を過ぎただけです。

 

 

大学合格のためには何が必要なのか?

いつからどういった準備をすればよいのか?

 

高校1・2年生の皆さんには、早めに考えてほしいですね。

 

「一浪人並」という、なんとも切ない言葉が、長野県の高校生を表す代名詞になっています。

「現役合格」

これを目指して、長期的な準備をしたいものです。

 

さあ、センター試験が終わり、高校2年生の皆さんは初の共通テストを受けるわけですね。

今回のセンターについてはまたどこかで書けたらと思っていますが、同じセンターでも、ちょっとこれまでとは違うぞ、という問題もありました。

そう、入試は確実に変化しているわけです。

 

 

長野県の定位置を脱し、高校生の夢を実現するサポートをするためにはどうしたらいいのか?

ヒーローズ松本沢村校は、長野県のこの厳しい現状を本気で変えるべく、これからも高校生の皆さんをサポートし続けます。

 

さあ、次はあなたの番です。

夢を叶えるためには、途中で大きな苦労をしなければなりません。

どうせ苦しいなら、一緒に苦しみましょう!多少は笑いながらできると思いますよ^^

 

 

 

 

 

 

 

中3生テスト結果(旭町中学校数学の巻)

いよいよ明日はセンター試験

天気がちょっと心配ですが、とにかくここまでやってきたことを信じて、まずは2日間全力でやり切りましょう!

 

さて、中学生のテストですが、今回は旭町中学の数学です。

 

そもそも、旭町中学の数学は、近隣中学の中ではかなり難しい問題です。

これは以前からそうなのですが、特に今年の中3生は苦労したのではないかと思います。

 

1回目の総合テストは平均点が36点でした。

普段難しいとされる信大附属中の総合テストよりも難しかったのでは?と思います。

 

一方、今回の5回目総合テストは、近隣ですと信大附属中、丸ノ内中と旭町中の数学は同じ問題でした。

いわゆる業者テストで、高校入試に合わせた難易度の問題が出題されます。

で、このテストは、旭町中の生徒さんが今まで受けてきたテストよりも簡単なわけです。ということで、平均点が55点を超えました。4回目の総合テストでは数学の平均は44点でしたので、10点以上もアップしています。

 

そんな中、ヒーローズ松本沢村校に通ってくれている旭町中の生徒さんも点数を上げてくれました!

 

「平均が10点も上がってるんだから、点数は上がって当たり前だろ!」

と言われそうですが・・・いやいや、それ以上に上がっているので、順位も相当上がりました!

 

K君 34点 → 66点(32点アップ)

Yさん 41点 → 75点(34点アップ)

Sさん 58点 → 83点(25点アップ)

S君 53点 → 80点(27点アップ)

N君 53点 → 80点(27点アップ)

などが今回の数学のアップ例です^^

 

5教科の合計点でも、84点アップ、67点、51点、48点アップなど大幅アップ!

今のところ成績表を出してくれた6人中、5人全員が、過去5回の総合テストの中での最高得点です!

いや~、ほんとによくがんばってくれました。

残りの生徒さんも楽しみです^^

 

 

ヒーローズ松本沢村校では、得点アップのために、「基本的な計問題」「基本的な知識があればそれを活用して解くことができる問題」「知識を様々な角度から捉えて解く応用問題」に分け、個別の授業と集団授業を織り交ぜてカリキュラムを作成しています。

数年前からこの進め方をしておりますが、特にここ最近は、5回目の総合テストで点数が一気に伸びています。

 

まあ、内申点を決めるにはちょっと遅いという欠点があり、そこについては要改善ですが^^;

 

 

今朝の信濃毎日新聞に、高校入試が大きく変わるのは2024年からだとありましたね。現在小学校5年生の皆さんが高校を受験するときから変わるということになります。

 

どう変わるのか?

具体的にわかるのは9月ということでしたが、やるべきことを確実にこなし、その上で新しい傾向の問題に取り組んでいくわけで、今すぐ大きく勉強方法を変える必要はありません。

 

勉強の仕方で悩んでいる生徒さん。

時間をかけているのに結果がでないとお悩みの生徒さん。

ぜひ一度、お話しませんか?

何かヒントをお伝えできるかもしれません。

 

お問合せはお気軽に

0263-31-3230

面接練習、順調です^^

毎年、私立高校入試のための面接練習を行っておりますが、今年の中3生はよくできているなと感じます。

 

それは、事前に用意していない問題に対する対応力です。

 

高校入試の面接で聞かれることは、ほぼ決まっていると言えます。

ということで、事前にある程度考えをまとめておくように質問一覧を渡して準備をしてもらいます。

 

ただ、練習の時には、あえて一覧にはない質問をいくつか出すようにしています。

 

生徒さんによりますが、予想していない質問に対してかなり動揺し、答えられなかったり途中で止まってしまう生徒さんがいるのが当たり前でした。

しかし、今年は皆、自分の言葉でしっかりと反応できています。

何が違うのか・・・

原因の一つとしては、「よく話す」ということが挙げられます。

 

これは、長年に渡り様々な生徒さんを見ていて思うことですが、よく話す生徒さんは「成績が上がりやすい」「頭の回転がはやい」のではないでしょうか?

 

話すとか話さないとか、それを「性格だから」と片付ける方もいます。確かにそうなのかもしれません。

ただ、その性格を形成するのは「環境」であり、変えることができるということだけはお伝えしたいんです。

 

 

入試改革の流れの中、高校入試も変わろうとしています。

今後、高校によっては「試験」+「プレゼン」なんてことも検討されています。

その時に、「話すのが苦手だから・・・」では合格は難しいですね。

まあ、入試にディベートやプレゼンを課すのが正解なのかどうかは別として、人前で何かを話すということについては、できないよりできた方がいいとは思っています。

 

毎度のことではありますが、話がそれてきました^^;

とりあえず、面接練習は順調です。

 

ヒーローズ松本沢村校は、面接練習もかなり得意分野としています。

高校入試や大学入試のみならず、今後受けるであろう様々な「面接」で使える「コツ」がありますので、不安な方はぜひお問い合わせください。

塾生以外でも喜んで対応させていただきます!

 

 

 

 

中3生のテスト結果(女鳥羽中学校英語の巻)

5回目の総合テスト、結果がそろってきました。

そんな中、女鳥羽中学校の英語の結果を見て、ちょっとうれしかったので書かせていただきます。

 

今回、90点以上の生徒さんが6人いたそうですが、そのうちの4人がヒーローズ松本沢村校の生徒さん!

その中には、2年生の時には50点台だった子もいます。

 

他、89点の生徒さんもいますし、みんな本当によくがんばっています。

元々英語の成績を上げるのは、中学生も高校生も得意中の得意ではありますが、こうやって結果がついてくると、私たちも更なるやる気が出ますね^^

 

 

最近は、私立高校の専願及び併願入試の面接練習を連日行っていますが、志望理由を聞くと「英語が好きになったので、英語を活かした職業に就きたい。」と言う生徒さんもいます。

私も、中学校の時にはあまり得意でなかった英語を、高校で学んで好きになり、社会人になってから留学もしました。

 

これはまた後日書きたいと思いますが、私は文法英語とか受験英語と言われるものしか学んできませんでしたが、それが海外ではめちゃくちゃ役に立ちましたし、コミュニケーションに大いに役立ちました。

 

学びにはいろんなスタイルがあると思いますが、まずはやってみること、学んでみることです。

その中で、さらに効率の良いやり方を見つけていけば良いのではないでしょうか?

 

 

高校入試はもうすぐそこ。

今、英語で悩んでいる中学1・2年生の皆さん!

入試の英語は年々難化しています。今からなら十分間に合います!まずはお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

いよいよ!

今週末、1月18日と19日はいよいよセンター試験です!

ここまで「長かった」のか「短かった」のか。

それは、そえぞれが「いつから真剣に始めたのか?」にもよると思います。

 

「あともう少し早く始めていれば」

「部活をやりながらで少しずつやっておけばよかった」

「せめてあと1ヶ月」

 

なんて、いろんな想いがあるかもしれません。

 

まあでも、時間だけはみな平等なわけで、今の自分で勝負するしかありません!

 

あと5日。

たった5日ではありますが、何もできないわけではありません。

 

まずは基本の再確認。そして体調管理。

あ、持ち物のチェックも大切です。

 

 

さあ、まずは第一関門突破へ!!

 

気にしない気にしない^^

先日、高校の志願者数「第2回予定数調査」が発表されましたね。

第4通学区の中では、県ヶ丘普通科と蟻ケ崎がともに115人オーバー、昨年までよりも1クラス減った深志が82人オーバーなどでした。

 

まあ、こんなもんだろうな、という数字ですね。

 

生徒さんにとっては、100人もオーバーしている!という印象を受ける人もいるでしょう。また、定員割れしている場合は、ラッキー!と思ったかもしれません。

 

しかし!!

あくまで、昨年の12月に行った希望調査です。

適当に書いているわけではありませんが、本当にこの人数が受験するわけではありません。増えるかもしれないし、減るかもしれないのです。

 

また、例えば深志の志願者が362人いたとして、全員が同じ実力ではないということです。

362人中、360位かもしれないし、200位かもしれないし、1位かもしれません。要するに、入学後の苦労を無視してよいのであれば(実際に無視するかどうかは別として)、受かればいいわけです。

 

不安になるのはわかります。

でも、まず言えるのは、努力しているからこそ不安になるということです。何もしていなければ不安にすら感じることはありません。つまり、不安だと感じたら、「よし、私は努力しているってことだ。」くらいに思っていいんです!

 

一昨日に都市大塩尻の入試が始まり、いよいよ高校入試も最終段階に入りました。

明日は松本国際の併願入試、来週からは私立の専願入試も始まります。

 

公立高校の後期選抜まではあと59日。

ちなみにセンター試験はあと1週間!!

 

さあ、悔いのないよう徹底的に努力をして、どんどん不安を感じてください。

そこで負けずにやり続けることで、不安がいつまにか自信へと変わります。

大丈夫、ここまでやってきたんです。

 

あとは体調管理を怠らず無理をしないことですね。

保護者の皆さま、食事などにも気をつけていただければと思います。

 

 

さあ、ラストスパート!一緒にがんばりましょう。

 

 

 

いろんな仕事がありますね。

最低でも月に1、2回はかかってくるでしょうか、各種営業電話。

多いのは、LEDのモニターになりませんか?というものと、今お使いのネット料金を安くしますよ、というもの。

 

LEDに関しては、既にLEDですので・・・

で、ネット料金に関しては、もちろん安くなるのはいいことですが、「書類等も必要なく簡単に安くなる」といううたい文句でして・・・いや~、さすがにそれは信じないですよ^^;

 

で、以前の職場にかかってきた電話を思い出しました。

内容は、布団のセールスです。

会社には回線がいくつかあったのですが、それが次から次へと鳴るんです!

さすがに4つ目くらいで、

「先ほどから同じ電話がかかってくるんですが、どういうことですか?」

と聞くと、

「すみません、私は3000番台を担当しておりますので。」

という返答。

「え?3000、30001、3002って全部かけてるんですか?」「はい、そうなんです。」

こんなやり取りをしたのを覚えています。

 

どんな布団かは知りませんし、普通の商売なのか詐欺まがいなのかもわかりません。

ただ、世の中には本当にいろんな仕事があるんだなと感心したことも覚えています。

 

YouTuber

スポーツ選手

公務員

医師

看護師

教師

美容師

タレント

エンジニア

会社員

 

今の子どもたちがどれだけの仕事を知っていて、それぞれがどんな仕事なのかを、どのくらい知っているのでしょうか?

 

例えに出したような仕事がいいかどうかは別として、世の中には、決して多くの人には知られていなくても、子どもたちが興味を持つような仕事がまだまだたくさんあると思うんです。

 

勉強するのはもちろん必要ですが、こんな仕事やあんな仕事があって、こういう人に役に立ったり、こんなことができるようになるんだ、ということを伝えていきたいなと思っています。

 

いろんな意味で「選択肢を増やす」ことに力を入れていきます。

 

センター試験まであと11日。

高校入試後期選抜まであと63日。

がんばりましょう!!